派遣社員から正社員への昇格術

派遣社員で就業

現在では、様々な働き方を選択できます。
きっかけは、日本のバブル経済崩壊によるものですが、きっかけはどうあれ、多様化した雇用形態の時代であることは、間違いのないことでしょう。
そんな雇用形態には、大きく二つに分けることができます。
一つは、正規雇用であり、もう一つが非正規雇用です。
正規雇用は、正社員雇用ともいえ、無期契約であるのが通常です。
無期契約とは、制限のない働き方であり、就業期間の定まっていない働き方です。
もっとも、生涯現役というわけではなく、多くの企業などで定年制があり、60歳が一般的でしょう。
一方、非正規雇用は、有期雇用となります。
無期雇用と異なり、何らかの制限があります。
給与システムであったり、あるいは、就業期間、就業時間があります。
かつては、非正規雇用と言えば、家庭の主婦が家計の足しに利用するようなイメージがありました。
しかし、人件費を抑えながらも、人材を確保したい企業などによっては、非正規雇用を活用することで、効率的な経営を目指しました。
そのため、非正規雇用で生活している人が増えたことも、一面の事実なっています。
しかし、非正規雇用には、あまり良いイメージがないかもしれません。
すでに市民権を得ている感じもありますが、中途半端なイメージがあり、職人気質が好まれる日本では、仕方のない面もあるのでしょう。
そうは言っても、非正規雇用で責任を持ちながら働いている人が多々いることも確かです。
こういうところに、ステータスの問題あるとも言えるのかもしれません。
とにかく、日本では正規と非正規の雇用形態があり、今では当たり前のようになっています。
そんな中でも、派遣は、広く知られたところとなっています。
かつては、アルバイトと同じようでしたが、今では新卒採用組でも、正規雇用で働けない場合の逃げ道のようにもなっています。
そのためでしょうか?
派遣会社の方でも、就業訓練のような研修などを用意しています。
厳密に言えば、派遣の意義とは異なった面もあるようですが、これもまた時代の変化と言えるのでしょう。
けれども、派遣で働くためにも、種々のことを理解しておく必要があります。
それを知ることで、効果的な活動が行えるとも言えます。
何事も事前学習が必要ですが、派遣であっても、それが当てはまるということです。
このサイトでは、そんな趣旨に則り、派遣の総合ガイドの形を取っています。
どれだけお役に立つのかわかりませんが、末永くお読みいただければ、幸いです。

Copyright (C)2014派遣社員から正社員への昇格術.All rights reserved.